ミニ四駆人生コースアウト

ツイッター始めました ⇒リューイチ@AkiMhp2g ミニ四駆や改造に関わるネタ 不定期更新中

タグ:TSG

こんばんは

部屋が散らかる魔法の呪文…
『何かに使えるかもしれない…』

リューイチです。

ここ最近使っていなかったプラボディー。
引き出しに眠らせておくのは忍びないと思い、塗装してみることにしました。
『自称プロモデラー』の自分としては大好きな作業です。
走らせる事を考えず、レースの時とは一味違う製作工程を楽しんでいます。
20170425_054051

20170424_045441

 20170428_014642
実は以前から塗装の仕方も記事にして欲しいとのコメントをいくつか頂いておりました。
この機会に塗装の工程を一本の動画にまとめて公開してみようかと思っています。
ツイッターのDMや当ブログにコメントを残してくださった方々、参考になれば幸いです。
5月中の公開を目指しております。
 

こんばんは

お久しぶりです お酒が飲めるようになりました

リューイチです。

3ヶ月もの間、更新がストップしておりました。
やっとこさ新居に落ち着きましたので近況報告をさせていただきます。

更新が滞っている間、ミニ四駆は細々と続けていました。
ホームであるほんだらけ時津店のレースやボートレース大村でのイベント等、スタッフ兼レーサーとして参加しています。
各イベントの結果についてはTSGのホームページをご確認あれ(・∀・)つ
 http://mini4wdtsg.com/

 20170226_155255
さて、タイトルにあるとおり、今回はエキスパートレギュ用マシンについて書きます。
エキスパートレギュとは単純に言うとパーツの加工をしないパチ組みマシンのレースです。
モーターはチューンドモーターでニッケル水素電池が使用できます。
認められている加工といえばバンパーの補強、ホイールの貫通、タイヤの干し加工ぐらいです。
ガイドローラーはもちろん、FRPやカーボンプレートはネジ止め。
シャーシのカット、軽量化もできません。
ひとつひとつの組み立て方が走りに大きく影響するので、VSシャーシのAパーツ選びはかなりシビアになります。
(公式レースやカツフラにも同じことが言えますが…)
とにかくパーツの加工が禁止なので1台組む工数が極端に少ないレギュです。
(ミニ四駆を触る時間が少ない自分にはありがたい)
20170226_155333
20170226_155342
20170226_155353
詳細はこちらをご確認ください↓
 http://mini4wdtsg.com/?p=1868

ほんだらけ杯にて毎回開催しております。
自分的にはフラットの初エントリーにはもってこいのレギュだと思っています。
みんなもフラットやろうぜ! 

こんばんは

組み立て中のVS1に『はよカーボン削れや』って脅される((( ;゚д゚)))

リューイチです。

実は最近動画編集ソフトを購入しました。
20161003_143456
時間のあるときに少しづつ弄って使い方を勉強しています。

少しは扱えるようになったのでこんなのを作ってみました↓


また時間を見つけて リューイチ式 井桁の組み方Ver.3 の走行比較動画でも作ってみようと思います。
20160924_204814










『はよカーボン削れや』

20161003_235728


こんばんは

おおぞらにきけぇ~お~れ~の~名は~♪

リューイチです。

1年半ぶりにポリカボディーを新調しました。
ネオファルコンとエアロアバンテのニコイチです。
20160714_223346
20160715_002820
モーターコイルの線で2つのボディーを結び付けています。
20160714_223933
適当にデカールを裏貼りしてタミヤカラーのポリカ用パールホワイトを塗装。
ワンポイントにブライトシルバーとキャノピーにスモークを吹いています。

それにしてもネオファルコンはヒクオに乗せやすくてカッコよくて平面が多くてデカール貼り易い。
カツフラ用も作ってみたくなります(´∀`*)ワクワク

こんばんは バイオパークのダイちゃんに超ゾッコン リューイチです。

今年もダイちゃんに会いに行ってきました。
肩の上で気持ちよさそうな顔してます。
右のやたら白い手はリンク先のペンギンの王様です(´・ω・`)
20160611_102338

それはさておき…
ミニ四駆に復帰して間もない頃、950ボールベアリングをよく使っていました。
↓6年前に作ったマシン。
1309748803890
初心者丸出しですね。突っ込みどころ満載です。
最近になって、この頃使っていたと思われる950ボールベアリングが、サビサビの状態で引き出しの奥から出てきました。
捨てようかと思ったのですが、どうせなら以前からやってみたかったアイデアをひとつ、実験がてら実践してみることにしました。

『軸受けに520ボールベアリングを使えるように950ボールベアリングの内輪を使う』

950ボールベアリングを分解し内輪を取り出す。
そのままでは520と高さが合わないので削りこんで520に合わせます。
20160612_212438
850ベアリングの内輪の場合、高さを合わせる加工は必要ありません。
20160612_212643
ノーマルプロペラシャフトに取り付け、ホビールーター等で回してピカールで磨き上げます。
20160612_213912
520ボールベアリングを嵌め込みます。指の力だけで圧入できるぐらいの嵌めあいが良いと思います。
520ボールベアリングは外からの圧力に弱いので、指の力で圧入出来ない場合はハンマー等で叩いて無理やり圧入せず、素直に内輪の内径を削って広げた方が良いです。
20160612_214127
これで620ボールベアリングと同じ径になりました。
自分は620より520の方が慣らしやすいので、この方法を考えました。
520の方が低コストですしね(´∀`*)

何気にXシャーシを弄っていますが、これは別の機会に。

このページのトップヘ