ミニ四駆人生コースアウト

ツイッター始めました ⇒リューイチ@AkiMhp2g ミニ四駆や改造に関わるネタ 不定期更新中

カテゴリ: 超大径タイヤ製作

こんばんは バイオパークのダイちゃんにゾッコン リューイチです。

今日は製作方法というか改造ネタ。1436885427720
最近の足回りのスタンダードになりつつある大径ローハイトホイール。
軸穴の精度が高く直径も大きい為、超大径タイヤにはうってつけのホイールです。
ただひとつ『重さ』という弱点があり、これを解決するために蓋取りをします。
大会や走行会でこの『蓋取り』のやり方について質問を頂く事が多かったので、今回私なりのやり方を書いていきます。

以前改造小ネタで少し触れたんですが、最初は失敗だらけでした(´;ω;`)
最近になってようやく作り方が確立してきた感じなので、参考程度にお願いします。
用意するものは...
ワークマシン(アトミックチューンまたはトルクチューン)
ホビー鋸
紙やすり#180~800適量
デザインナイフ

まずワークマシンにホイールをセットしてカットしたいラインを引きます。
回転させながらペンでマーキング。マークしたラインにホビー鋸の刃をあてます。
1mmか2mm程度刃が入ったらワークマシンから外します。
ここから直接手作業で切っていきます。
image%3A7400
1mm程度入れたラインを意識していれば、手作業でも垂直にカットできます。
image%3A7401
鋸でカットが終了しました。
image%3A7402
平たい場所に紙やすりを敷いてホイールを磨きます。
#180から始めて#320→#600→#800まで。
image%3A7403
紙やすりでの磨きが終了。まだ細かいバリが残っていますのでデザインナイフで仕上げます。
image%3A7406
はい終了。作業時間はホイール4つで1時間ほどでした。
画像のホイールは軸の長いタイプなので、この長い軸もカットしてあります。
ここから超大径タイヤを作っていくわけですが、もちろん立体マシンのホイールとしても使えます。
私なりの作り方としてはこんな感じです。
IMG_2061
バイオパークのダイちゃん(タイハクオウム♀)です(●´ω`●)


こんばんは 指先ボロボロで指紋認証できません リューイチです。

ずいぶん久しぶりになりますが、今月になってからカツフラマシンを新造しています。
来週のNSGに向けて最終段階です。
今回のマシンは自分の中でかなりひねくれた作り方になりました(笑)。
フロントはまだ出来ていませんが…1436792338726
1436792373048
フロントタイヤは接地ゴム2mmにしたかったのですが、強度の不安が拭えずスポンジ部分は3mmのままのチキン仕様。
1436661909833
アウターは極力薄く作りました。20150517_164543
リヤステーは使わなくなったマシンから拝借して、サイドステーから内側を切り落とし。
断面から2mmの穴を20mmの深さまで掘ります。20150517_185903
掘った穴にブラック強化シャフトを差込み、組み立てて接着。
残りはフロントですが、ここだけは普通に作ることになりそうです。
何もひねくれたアイデアが浮かばないのでw(*・ω・)ノ


こんばんは かべぎわでwねがえりうぅってぇ~w リューイチです。

タイヤ廃人継続中です( ゚∀゚)◎
超大径タイヤに絡んだコメントをいくつか頂いています。
今日はダミータイヤについてです。

Q井桁のダミータイヤの装着方法を教えて下さい。宜しくお願いします。

A装着方法というか作り方について、私がよくやる方法を書いておきます。
私はダミータイヤだけは贅沢な使い方をしています。
IMG_1684
まず用意するのは
小径ホイールをつけたワークマシン
デザインナイフ
スポンジタイヤ(今回はレストン黒)
IMG_1685
デザインナイフで縦と横に刃を入れて、スポンジタイヤを画像のように薄く切り出します。
薄くしたスポンジタイヤを超大径タイヤのホイールに、引き延ばしながらかぶせます。
ホイールからはみ出した部分は、超大径タイヤを回しながらカット。
タイヤとの合計幅8mmをキープするのを忘れずに(・◇・)ゞ
IMG_1689
お気づきでしょうか。
内側のツルツルした面を外に向けて(裏返して)かぶせています。
見た目がすっきりしていて、足回りが引き締まります(個人的主観)。
小径サイズのスポンジタイヤを、引き伸ばして履かせているので両面テープは使ってません。
IMG_1690
ダミータイヤはカツフラマシンのオシャレポイント('▽'*)♪
IMG_1417







ミニ四駆 ブログランキングへ

こんばんは 

     お~とこには~じぶんのぉ~すぇかいが~あるぅ~ww

リューイチです

年チャン3戦が終わっても翌日からミニ四駆作ってます。
作ってるというか、上手く作れるように練習してるっていう方が正しいかもしれません。
もっと綺麗にタイヤを作れるようになりたいんです。
最近はトップレーサーの超大径タイヤが芸術品に見えるようになりました。
新ジャンル「タイヤ廃人」の誕生でしょうか(●´ω`●)◎

そんな流れでタイヤに絡んだ質問にお答えします。

Q 超大系タイヤを綺麗に作りたいんですけどゆがんだりブレたりします…
  なんか簡単に出来る方法があるのなら教えて下さい

A簡単に出来る方法があるのなら私も知りたいですぞ(`・ω・´)
人の手で作る限り歪みやブレは必ず発生します。それを最小限に抑えるためにはどうすればいいのか。
まず歪んだりブレる原因を突き止めましょう。原因を排除しないと前に進めません。
ワークマシンで作っていると仮定すると最初にチェックしたい項目は…

   シャフトはまっすぐか
   軸受は滑らかに回るか
   ワークマシンのシャーシに捻じれはないか
   ホイールは真円か

まずは使っている道具と環境をチェックして下さい。異常がなければ次のチェック項目へ進みます。

   タイヤはしっかり奥まではまっているか
   カットするナイフの切れ味は良いか。
   真円出しのとき、ダイヤモンドヤスリを強く当てていないか

ナイフの切れ味が悪いと、力を入れないと刃が通りません。力任せに刃を入れると、ホイールやシャフトが歪んだ状態になるので、断面がブレたタイヤが出来てしまいます。
ダイヤモンドヤスリも同様に、タイヤに押し当ててしまうとシャフトが変形します。
とにかく薄く、力をかけずにタイヤを切るように意識してみてはいかがでしょうか。
練習が大事です。切れ味が落ちたなと感じたら、すぐに刃を交換しましょう。
IMG_1681
ダイヤモンドヤスリは押し当てずに軽く当てる感覚で削っていきましょう。
あせらずゆっくり慎重に(`・ω・´)
IMG_1683
綺麗なタイヤがつくれるように、お互いに頑張りましょう。



ミニ四駆 ブログランキングへ

こんばんは 数えきれない黒歴史 リューイチです。

来る年間チャンピオンシリーズ第3戦へむけて、タイヤを新造しました。
今回はインゴム3層の2グリ仕様。

IMG_1528
ブルーのアウターがリヤ用です。
IMG_1527
軽量化の為、内側のリブを全て切除。
他にもいくつか軽くする小細工をしていますがダミーのスポンジをつけた状態で10.84g。
ナローホイールで10g切るのはなかなか難しいです。

次は大径ローハイトでいこう。

余談ですが…
名前をつけるとしたら色的に「バッタモン」
と言われました (´д`;)

とりあえず第3戦のタイヤはこれでいきます。



ミニ四駆 ブログランキングへ

このページのトップヘ