ミニ四駆人生コースアウト

ツイッター始めました ⇒リューイチ@AkiMhp2g ミニ四駆や改造に関わるネタ 不定期更新中

カテゴリ: 井桁フレーム製作

こんばんは

肩幅だけXL リューイチです。

前回の製作例に引き続き(1ヶ月以上前ですが)テンションバーとリヤサイドステーショートタイプの、井桁シャーシパーツ構成を掲載します。
リューイチ式 井桁の組み方Ver.2を閲覧後、この記事をご覧ください。

↓パーツ呼称
tn
↓完成予想図
tn2
材料は前回の内容と変わりませんが、使用するFRPマルチ補強プレートは1本少ない8本です。

テンションバー&フロントバンパー
20160813_194729
画像のように3本のマルチ補強プレートをカットします。両端の部分は使いません。
上段がテンションバー
中段と下段がフロントバンパーになります。
赤枠の中のパーツはWAブロックとして後ほど使用します。

パーツをビス穴がずれないように貼り合せます。
接着の仕方は前記事参照
20160813_200841
↑フロントバンパー完成

フロントサイドステー&リヤサイドステーショートタイプ
20160814_100251
画像のようにマルチ補強プレートをカットします。
上段がフロントサイドステー
下段がリヤサイドステーショートタイプになります。
赤枠の中のパーツは830ブロックとして後ほど使用します。
20160814_131745
フロント同士、リヤ同士のパーツを両面テープで貼り合せ、軸受けとバンパーを通す穴を開けます。
加工方法は前記事参照

WAブロック 830ブロック
20160814_135244
これら2枚のパーツを真ん中でカットします。
20160814_135435
ビス穴をあわせて、それぞれ接着します。
20160814_141051
長さの違う2つのパーツが出来ました。
左のパーツがWAブロック 右のパーツが830ブロックです。

↓ピン打ち位置の寸法
テンションバー寸法
グレーのパーツがテンションバー
ブルーのパーツがフロントバンパー
黒のパーツがWAブロック、830ブロックを表しています。
ビス穴のセンターから計測して赤丸の位置にピン打ちをします。
105mmジャストで作ると車検を通らない場合がありますので、トラブル回避のためそれぞれの寸法を若干少なくして製作します。 

最後にリヤバンパーですが前回の記事と共通なのでそちらをご参照ください。

20160814_185019
全てのパーツが揃いました。

VSシャーシに加工を施します。
バンパーと今回はサイドウイングもカット
20160815_102446

ペラ受けを補強、電池部分も肉抜きし、フロントサイドステー接着部分を整えます。
20160815_104714

ピン打ち後、パーツを仮組み&確認しながら接着して完成です。前記事を(ry

20160815_130050

前回の記事の製作例と並べてみます。
20160919_202509
パッと見は同じに見えますが、走りの質はそれぞれです。
ここからフロントバンパーに肉抜きをしたりFRPをカーボンに変えたりすれば、また走りの質が変化します。
どちらのマシンが速いかではなく、コースレイアウトにマッチングしている方が速いと考えられます。

個人的な所感では片寄せ式は高速レイアウト、テンションバー式はテクニカルレイアウトが得意という印象。









こんばんは

ヒーローソング大好き リューイチです。
vskatayose
井桁シャーシの作り方をまとめた記事をTSGホームページに掲載しました。
http://mini4wdtsg.com/?p=1488
興味のある方は是非ご覧ください。

こんばんは

ポーカー大好き リューイチです。

先日の走行会でS1もろともクラッシュしたフルベアVS。
井桁も剥離してしまい、せっかくなので井桁フレームを新規製作しました。
20160324_215527
リヤには初めて中空シャフトを使用しました。
20160324_215652
830の固定には中空ぺラシャ同梱の赤ピニオンを。
20160324_221212

駆動系各部のチェックも行い手直し。
前後ピンククラウンとぺラシャとの噛み合い再バランス調整。
カウンターギヤの軸穴再位置出し。
20160324_215812
タイヤは以前作ったバッタ色超大径に変更です。
20160324_215440
最終的に重量は70.16g
ボディーを乗せれば73g前後です。
フルベア仕様なので駆動部が重いのは宿命(TДT)


 

こんばんは 

すぐれもの~ぞと~まちじゅうさ~わ~ぐぅ~www

リューイチです。

今回もコメント返しです。
Q フロントステーなんですが、穴あけ加工時にある程度、斜めになるようにヤスリ掛けをして、バンパーを通しますか?(マシン製作について)

A タイムリーな質問を頂きました。現在製作中のマシンがこの構造です。
IMG_1602
この作り方は初めてで、スラスト調整(紙挿み)の作業性アップを期待しています。
おそらくデメリットは無いと思うので、今後はこの構造でマシンを作っていくと思います。
ちなみに画像の穴のスラストは2度。もっと傾けたほうがいいかもです。IMG_1595
余談ですが、私はこの穴あけ作業が苦手なのでモチベーションが高いときに、まとめて数台分作ります。



ミニ四駆 ブログランキングへ

こんばんは 森ガールって森に住んでないの!? リューイチです。

夏休みもあとわずかですね。
私は小学生の頃、大好きな工作からやって国語算数理科社会が遅れて、この時期になると言い知れぬ恐怖に怯えたものです。
さあ、今回もコメントにお返事していきます。

Q サイドステーのベアリングを通す穴あけはどうされていますか?(井桁の組み方 サイドステー)

A 620ベアリングに合わせた、半円形の加工方法の事でしょうか。
DSC_3207-1
ケガキ線を引いて棒ヤスリで削っていきますが、こんなやり方があります。
IMG_1597
太さ5mmぐらいのドライバーを用意して、#180のペーパーヤスリを貼り付けます。
IMG_1599
ペーパーの厚みで太さ6mm強になるはずです。このツールでゴリゴリ削れば楽に仕上がります。
IMG_1598

Q 開口の記事はどこにありますか?(井桁の組み方 フロントステー)

A ごめんなさい、未だに書いてません。以前作った赤VSの井桁シャーシの開口済みバンパーが、シェイクダウンで折れるという事故にあってしまい、迂闊に穴を開けるべきではないと思ったからです。
IMG_1422
リヤステーに関しては開口しておいて問題ないと思うので、この場を借りて書いておきます。
ただし、何らかの事故(他のマシンによる追突、衝突)があった場合、破損しやすいということを踏まえておいてください。
DSC_3223
何故開口するのか?と言われると軽量化の為。それ以外の答えは私の経験からは出てきません。
構造上、サイドステーの間を肉抜きしても、剛性抜きにはならないでしょうし、軽量化以外のメリットが見当たりません。
加工の仕方は、フルカウルミニ四駆ではお馴染みだった肉抜きと同じです。
ピンバイスでせっせと穴を開け、ヤスリで整えます。
開口幅に合わせた板(1mmプラ板など)を用意してペーパーヤスリを貼り付け、一気に削ることできれいに仕上げられます。



ミニ四駆 ブログランキングへ

このページのトップヘ