ミニ四駆人生コースアウト

ツイッター始めました ⇒リューイチ@AkiMhp2g ミニ四駆や改造に関わるネタ 不定期更新中

2014年08月

こんばんは 

すぐれもの~ぞと~まちじゅうさ~わ~ぐぅ~www

リューイチです。

今回もコメント返しです。
Q フロントステーなんですが、穴あけ加工時にある程度、斜めになるようにヤスリ掛けをして、バンパーを通しますか?(マシン製作について)

A タイムリーな質問を頂きました。現在製作中のマシンがこの構造です。
IMG_1602
この作り方は初めてで、スラスト調整(紙挿み)の作業性アップを期待しています。
おそらくデメリットは無いと思うので、今後はこの構造でマシンを作っていくと思います。
ちなみに画像の穴のスラストは2度。もっと傾けたほうがいいかもです。IMG_1595
余談ですが、私はこの穴あけ作業が苦手なのでモチベーションが高いときに、まとめて数台分作ります。



ミニ四駆 ブログランキングへ

こんばんは 森ガールって森に住んでないの!? リューイチです。

夏休みもあとわずかですね。
私は小学生の頃、大好きな工作からやって国語算数理科社会が遅れて、この時期になると言い知れぬ恐怖に怯えたものです。
さあ、今回もコメントにお返事していきます。

Q サイドステーのベアリングを通す穴あけはどうされていますか?(井桁の組み方 サイドステー)

A 620ベアリングに合わせた、半円形の加工方法の事でしょうか。
DSC_3207-1
ケガキ線を引いて棒ヤスリで削っていきますが、こんなやり方があります。
IMG_1597
太さ5mmぐらいのドライバーを用意して、#180のペーパーヤスリを貼り付けます。
IMG_1599
ペーパーの厚みで太さ6mm強になるはずです。このツールでゴリゴリ削れば楽に仕上がります。
IMG_1598

Q 開口の記事はどこにありますか?(井桁の組み方 フロントステー)

A ごめんなさい、未だに書いてません。以前作った赤VSの井桁シャーシの開口済みバンパーが、シェイクダウンで折れるという事故にあってしまい、迂闊に穴を開けるべきではないと思ったからです。
IMG_1422
リヤステーに関しては開口しておいて問題ないと思うので、この場を借りて書いておきます。
ただし、何らかの事故(他のマシンによる追突、衝突)があった場合、破損しやすいということを踏まえておいてください。
DSC_3223
何故開口するのか?と言われると軽量化の為。それ以外の答えは私の経験からは出てきません。
構造上、サイドステーの間を肉抜きしても、剛性抜きにはならないでしょうし、軽量化以外のメリットが見当たりません。
加工の仕方は、フルカウルミニ四駆ではお馴染みだった肉抜きと同じです。
ピンバイスでせっせと穴を開け、ヤスリで整えます。
開口幅に合わせた板(1mmプラ板など)を用意してペーパーヤスリを貼り付け、一気に削ることできれいに仕上げられます。



ミニ四駆 ブログランキングへ

こんばんは

ぺ~がさすwふぁんたじ~ぃそおさwゆ~め~だ~け~わぁ~

リューイチです。

久しぶりの更新。この半月お仕事が立て込んで少しバタバタしてました。
















ごめんなさい、書くネタがないだけです。

マシン作ってないので書くことがありません。
普段は作りながら写真を撮っておいて、実際に作った手順通りに記事を書くスタイルなんです。
そんなやっつけ感丸出しのブログなんですが、最近は見てくれる人が増えて、うれしい事にコメントもいただくようになりました。
今日はいくつかのコメントにお返事したいと思います。

Q マシン売ってください。

A 無理です。

Q お金払うのでマシン作ってください。

A イヤです。

問答無用で拒否しましたが、頂いたコメントには明らかにレースで使用する旨が書かれていたからです。
定義が曖昧な部分ですがミニ四駆は、自分で組み立て、自分で改造し、自分で走らせるものです。
参考にしていただけるならば本望ですが、マシン製作に関してはご自身の手でお願いします。
残念ながら頂いたコメントの9割が上に挙げた内容で、それらは全て非公開、あるいは削除させていただきました。
物作りに携わる人間として、多くの人に完成したときの喜びを知ってほしいと思ってこのブログを続けています。
大会等でお会いした方に、出来る範囲でアドバイス等させて頂くことがあるのですが、中には1から10までその場で作らせようとしたり、超大径タイヤを譲ってほしいと言ってくる方もいます。
参考になるならば、いくらでもマシンを観察していただいて構わないのですが、作ってあげるというのはさすがに本人の為に良くないと思いますし、何よりその方のスキルになりません。
当ブログに載せている製作方法は「正解」ではなく、あくまでも「例」です。
製作例を記事として公開するのは、これからミニ四駆を始める人に対し、ご自身のスキルとアイデアを高めてもらうキッカケになってくれれば幸いという意図です。
キッカケになれば良いと思うので、毎回詳しいところまで書いてません。
ひとつの「例」に拘るのではなく、個人の多様なスキルとアイデアを、たくさんの人と共有できれば、自ずとハイエンドな改造トレンドが生まれると思います。
アイデア多様化の妨げや、製作者の個性を消すような事はしたくありません。

そんなわけで、委託製作 マシンの譲渡などは一切考えておりません。ご理解ください。



ミニ四駆 ブログランキングへ

こんばんは 数えきれない黒歴史 リューイチです。

来る年間チャンピオンシリーズ第3戦へむけて、タイヤを新造しました。
今回はインゴム3層の2グリ仕様。

IMG_1528
ブルーのアウターがリヤ用です。
IMG_1527
軽量化の為、内側のリブを全て切除。
他にもいくつか軽くする小細工をしていますがダミーのスポンジをつけた状態で10.84g。
ナローホイールで10g切るのはなかなか難しいです。

次は大径ローハイトでいこう。

余談ですが…
名前をつけるとしたら色的に「バッタモン」
と言われました (´д`;)

とりあえず第3戦のタイヤはこれでいきます。



ミニ四駆 ブログランキングへ

こんばんは 小宇宙と書いてコスモと読む。 リューイチです。

今回は大会告知。久しぶりの宇宙模型主催レースが決まりました!
サマートライアル編集中_NEW

以下 宇宙模型ブログより抜粋
-----------------------------------------------------------------------------------------
日程   9月7日(
場所    あぐりの丘  (9:30開園)
     長崎市四杖町2671-1 専用駐車場あり
時間  10:00 受付開始
     11:00 ジュニアクラス本戦開始
     12:30 ジュニアクラス本戦終了(予定)
       昼休憩1時間
     13:30 オープンクラス本戦開始
     15:30 オープンクラス本戦終了(予定)
             小休憩
     16:00 表彰・プレゼント抽選会・記念写真撮影
参加費  オープン(高校生以上)¥1000
       ジュニア(中学生以下)¥500

        参加賞あり(なくなり次第終了)
   
大会形式 立体コースのトーナメント方式 敗者復活戦あり
     オープンクラスとジュニアクラスを開催
     優勝者にはミニ四駆ステーションチャンピオン決定戦出場権を進呈
     レギュレーションはタミヤ公認競技規約に準じます。
電池   マンガン・アルカリ・ニカド・ニッケル水素
     定格電圧1.5vまでの単3電池にかぎる。
     充電器の使用はOKですが各自ご持参ください。
     コンセント・タップも各自ご持参ください。
---------------------------------------------------------------------------------------
コースが長くなって難易度低め。
みんなでガンガン攻めていきましょう!
え?お前は出ないのかって?







出ますよv( ̄∇ ̄)v最初のコーナーで飛んでやりますよ!
私とあたった人…   ラッキー☆



このページのトップヘ